by your side

勝利6人組とケータイ世代のカリスマを追う日々

オタクの遠征

 

このテーマ。いろんな方が書いてるので書いてみたかった(便乗)。

 

私、V6の現場はまだないのですが、某女性ソロの追っかけはわりとガチでやっておりまして(そろそろ卒業しようとは思ってますが)、ライブの参戦回数は3年間で20回前後、遠征回数もそこそこでございます。

 

そしてまだ学生、しかも最低賃金激安の地域在住。そういうスタイルでオタクしながらの遠征。お金のない学生の方々の参考になればと思い書いてみます。というか自分でも整理したい!!!

というわけでツアー決定から帰ってくるまでの私流の遠征です。

 

 

 

①ツアー決定 

とりあえず喜ぶ。日程会場見る前にとりあえず喜ぶ。東京五輪が決まったときのこれです。

f:id:sni20th1101mmocoming:20171022174125j:plain

f:id:sni20th1101mmocoming:20171022174134j:plain

私の中の全細胞がこんな感じです。

ちなみに我が家では、V6ファンはもう一人(母)がいますのでリアルにこんな感じでお祭り騒ぎでした。

 

そして一旦落ち着いたところでどこに行くかを決めます。

これはジャニーズではない場合の基準です。

・自分の地元に近いところ

・ファイナル(オーラスとは言いません)

・(私の場合)その人の故郷での公演

・日程

 

女性ソロは行きたいところ片っ端から応募すれば大体当たるので全部行くつもりで決めます。多ステ余裕ですありがとうございます。

あと私は1人参戦はしないタイプなので

同伴探しです。某女性ソロのほう、趣味仲間が札幌から福岡までたくさんいます。みんなで盛り上がりながら同伴決めます。ちょっと必死になるところ。

○○と行きたいから公演数増やす、とか平気でします。ヲタクって怖い。

 

追記:V6のツアー決まりましたね。行きたい場所とかフル無視でとにかく当たれと念じながら日程的に応募できるところ応募します。

 

 

②交通手段と宿泊場所の決定

交通手段に関して私が使ったことがあるものを紹介します。

 

 

  • 新幹線

もうね、楽。高いけど楽。快適以外の何物でもないです。電車移動好きなので金銭的に余裕があるもしくは帰りが間に合わない場合などは新幹線です。帰省の時期なんかと被らなければ自由席で十分なんとかなります。

 

あと、新幹線で「ぷらっとこだま」というのがありまして。わりとオススメです。

東海道新幹線(新大阪-東京間)でこだまの止まる駅の中で主要な駅を使う場合利用できます。会場になるような大きな都市は大丈夫です。横アリもガイシもエコパも城ホも大丈夫です。

これいわゆる各停的な感じの新幹線なのでかなり時間かかります。新大阪-東京間確か4時間です。

ただ新幹線としては安い。乗る車両によれば充電器も確保できます。

車内販売はないのですが、お金のない学生はそんなもの使いません。

ただ1ドリンクのチケットがもらえるので新幹線乗る前にジュースとかもらっときます。タダでもらえるものはもらっておきましょう。

 

これ、ネット予約はクレジットカードがないとできないので、カードが使えない学生はJTBなんかに行く方がいいかもです。JTB10分もあれば余裕で確保できます。予約は1ヶ月前から。出張などでサラリーマンがわりと利用しててすぐに予約いっぱいになることもあるので気をつけてください。

 

そしてもうひとつ。JR東海ツアーズというものがあります。

こちらホテルと往復の新幹線の指定席がセットになったものです。

新幹線は自分で希望の時間帯の物を選択可能(予約が殺到した場合は第1希望が通らないこともあります)。時間帯や、車両のタイプによって値段に多少の変動があります。

格安ではないですが、ある程度の値段で、駅から近いホテルに泊まり、新幹線移動が可能なので私は気に入っています。

 

  • 夜行バス

安さを考えるならこれです。ただしんどい。乗り心地がいいほうだというウィラーでもしんどい。これはコンセントの有無や発着場所の確認は必須かと。

つい先日も使ったのですが、夜行バス大嫌いな私はいかに質のいい睡眠をとるかを考え幾つかの快眠グッズを揃えました。

 

まずはメディキュット。

 

着圧ソックス大事です。というかこれなしは怖くてメディキュットなしで夜行バス乗ったことありません。

医療系人間としては血管が詰まるの怖いのでメディキュット、推しておきます()

 

意外に良かったのがこれ。耳栓。

私、耳栓って完全に音を遮断するものだと思っていたんですけど違うんですね。

コンビニの袋のカサカサした音などは遮断。車内アナウンスは聞こえる。優秀か。

これはよかったです。ダイソークオリティで大丈夫です。日本のプチプラは優秀です。

 

そしてこれは必須。マスクです。

エアコンでかなり乾燥するのであったほうがいいかと。すっぴんも隠せるしね!

 

あと、この間初めて買ったのが

櫻井くんがCMしてるあれ。蒸気でホットアイマスク。意外と熱くなります。使い捨てアイマスクとして悪くはなかったです。ただマスクと組み合わせるとだいぶやばい奴になります。

 

夜行バスに乗るときの服装としては今だとガウチョだったりワイドパンツいいですね。パジャマ兼次の日の服でいけます。

 

  • 高速バス

これはあれですね。昼間に走るやつです。

普通の電車を使ってもたどり着けるけど安くするならアリです。

早割、学割等たくさんあるもの多いのでうまく使って安く乗りましょう!

ただし、こちら高速の渋滞に巻き込まれて1時間以上到着が遅れたこともありました。

時間に余裕のない日はオススメしません。

 

 

 

続いては宿泊場所。

アリーナ規模のツアーだとそんなに確保は難しくないんですけど、ジャニーズはそういうわけにはいかなそうですね。私もそこはまだ未経験なので怖いっす。

とにかくホテルは駅からの近さ。これに尽きます。風呂とベッドがあればなんとかなります。朝食尽きなぞ金の無駄です。素泊まりでコンビニ食持ち込みで大丈夫です。

会場最寄り周辺のホテルは多分すぐに満室になっちゃうんで、その沿線上で数駅移動した先で大丈夫です。

ビジネスホテル3000円代とかあります。いいです。

 

あとは私ヲタク仲間の家によく泊めてもらいます。ほんとに濃い付き合いしてる人多いので。これは本当に助かります。少し会場から遠くともホテルより格安です。お世話になるお礼にお土産はいつも持参します。コンサート終わりの余韻で夜中まで語り合うか疲れ切って爆睡コースかのどちらかです。いいです。

 

 

③持ち物

持っていくものを整理したメモが出てきたのでそのままはりつけます。

 

◯手荷物

・チケット(忘れたら死ぬ。何よりも優先)
・バスや新幹線の乗車券
・財布、ICカード(地元はSuicaとか使えないって人もあると便利です。)
・折り畳み傘(晴雨兼用使ってます)
・充電器(必須。充電式のものもコンセントも)
iPod(暇つぶしと気分を高めるのに私的必須アイテム)
・ポーチ(万全の顔面で自担に会いに行きましょう)
・めがね(コンタクトがトラブって見えないなど言語道断です)
 
◯キャリーバッグ
・化粧落とし(ホテルであっても手軽でおすすめ)
・マスク、メディキュット、アイマスク、耳栓
・参戦服
・着替え(圧縮袋便利です)
・シャンプーリンス泡立てネット洗顔フォーム(ホテルのは嫌だって人は持って行きましょう) 
・歯ブラシ、化粧水、乳液、ヘアアイロン
 
まあチケットと金さえあればなんとかなります。(結論)
 
 

④出発前日

iPhoneの充電は万全に。遠足前の小学生状態になりますがとりあえず布団に入り寝る体勢になりましょう。睡眠たっぷりとれば化粧ノリもばっちりです。
 
 

⑤当日

日常の煩い、ストレス、すべてを忘れ天国に向かいましょう。次の日からのことは忘れましょう。今日のために我々ヲタクは働き、日々の辛い出来事を耐え抜いたのです。今日ばかりはリア充よりリア充です。
 
 

⑥おまけの帰宅後

現実に帰ってきたショックもありますが、忘れず洗濯物はさっさと洗濯機にぶち込みましょう。そして次の現場に向けて再び働きましょう。
 
 
 
 
 
私流遠征はこんな感じです。
交通手段に関してはほとんどが1ヶ月前から予約可能ですのでとりあえずしておきましょう。
 
私はあらかじめ別の現場やネットでグッズを買っておいたりするのですがジャニーズでそういうことはまあないと思いますので、グッズ販売等を考えないとなぁと私もまだ未経験のジャニーズの現場を想像しています。
 
ちなみに高校生の頃はバイト禁止でしたが、関西から横アリ遠征、国際フォーラム遠征できました。お小遣い、お年玉を貯め、格安手段でいけば可能です。
 
遠征、ハードですが手間暇かける分楽しいです。帰ってきて疲れていても数日後には、行ってよかった、、!!!ってなります。
 
私も早くV6の現場に入りたいです。
まずはこの記事が役に立つその日を願っています。