by your side

勝利6人組とケータイ世代のカリスマを追う日々

ラブセン〜V6と秘密の恋〜


存在を知った時の衝撃。

(今なので言うが若干引いたこともあり。)


え?恋愛ゲーム?

いわゆる乙女ゲー的なあれ?

あれをおじさんたちでするの?



少しやってみた時期もありました。


毎日0時をすぎるとすぐにVみくじを引いて

Vすごろくを進めて

無課金でとりあえず岡田くん本編は終わらせました。


でも、無課金での限界と

やっぱりちょっとこそばゆいのと

現実見れなくなるのはまずいと思い

(私生活も忙しくなり進められなかった)

岡田くん続編の途中でアンインストール。



それでもツイッターでは

シナリオがはじまればみんなが盛り上がり

毎日Vみくじに一喜一憂し

ラブセンはVクラの生活に馴染んでるのだなぁと実感しました。



V6と恋したいよりも

メンバー同士で家族感あふれるわちゃわちゃを繰り広げてほしい私は再びインストールすることはないまま数ヶ月。



ラブセン サービス終了のお知らせ。



3年間当たり前のようにあったものが消える悲しさ。

ずっと続けていた人はそれをすごい感じたんだろうな、と。


ラブセンユーザーでない私もさすがに驚き。


V6ロスに陥ったVクラを支えていたのは間違いなくラブセン。


みんなも恋を楽しむというより

リアルな小ネタを楽しんだりしていて

運営さん絶対ファンだろ!!!ってなるくらい。←



そしてラブセン終了まで24時間を切った頃


再インストール。


カムバックボーナスがあるとは、、、!!

さすが出戻り組にも優しいV6()



いまからストーリーを進めるわけにもいかないので

フォトのスクショを実行。

そしてラブセン年表も全て読みました。


新参者の私にとっては

ゲーム内のことだけでなくリアルな活動のほうのスケジュールも組み込まれていて

またV6のことを勉強させていただけるありがたい年表でした。


そして年表の中に散りばめられるスタッフさんのコメント。


本当にV6への愛が溢れていて


Vクラと同じ匂いを感じました()



撮影の様子などを読んでいてもその状況が目に浮かびそうなぐらいで。


スタッフさんにV6が愛されていたんだろうなと容易に想像できました。


そしてちょいちょいラブセンの指導も務める三宅さん。さすがです。



そしてサービス終了当日。


VみくじはV吉。


こういう計らいはほんとにさすがだと思います。


ボイスもこっそり一通り聞いてドキドキしつつサービス終了5分前。


サーバーが固まったのか

Vみくじの画面から移動できないままラブセン、サービス終了。


最後の画面のVみくじ

V吉の6人のぎゅうぎゅう密着写真の下には

「俺たちがー!」「V6!」

の文字。


ラブセンが終わってもV6は何も変わらない。

これからもV6で居続ける。


そんな風に感じられました。



ほとんどラブセンをしなかった私でもなんだかしんみり。

毎日していたみなさんはもっと悲しいんだろうなと思うと、ラブセンはたかが恋愛シミュレーションゲームではなかったのだと改めて実感。



当初半年限定の予定が好評のため3年間に。

ただの公式ゲームではなく、本人たちの写真、音声、リアルガチなネタ。新曲とのコラボ。

学校へ行こう!2015で流れ騒然となった(はしい)CM。

by your side初お披露目となった道頓堀でのCM放映。余りの人の多さに放映中止。


あのCMをまた見たいし(忘れられないクリック連打)

ラブセンのための曲をまたリリースしてほしかった。


でもきっとまたV6は別の形で私たちのそばにいてくれる気がする。そう願いたいです。


その意味を込めて最後のラッキーソングが

by your sideだったと信じています(煽りじゃないよ)


GREEのラブセン運営様

ファンの気持ちに寄り添った素敵な作品をありがとうございました。




JUMP担の友達とデュアモニ鑑賞会をしました

 

過去記事を見るとなぜか設定もしていないのに文字が大きくなっている、、、そんなところ強調するつもりないのに。

スマホから更新だからですかね。

PC立ち上げる時間があるとき修正しますので今はスルーでお願いします。笑

 

かなり前のお話なんですがタイトル通り

JUMP担のお友達とデュアモニというか

デュアルプロジェクターでDVD鑑賞会をしました。

 

私の周りでVクラは母しかいないのでVクラ同士の鑑賞会はちょっとできる機会がないのですが、この子とずっと「いいよねあれー。鑑賞会したいね。」と話していてようやく実現!

 

とりあえずV6とJUMPそれぞれ1作品ずつは絶対見ようと決め、念のため部屋の予約もしたんです。

そしてあわよくば友達をV6沼に引きずり込もうと思っていたので私は2015アニバコンを持参。

 

ただ予約の時点でまさかの事態。

 

デュアルプロジェクタールームは最大3時間までのご利用です。

byビッ◯エコー

 

アニバコンの収録時間を調べたところ3時間12分。

しかも機械の使い方がわからない!!

結局再生できたのは入室してから20分後。

 

泣く泣くたくさんの曲をカット。

リボンシャワーのメッセージ画面も早送りという感動もクソもない状態。

 

みなさんビッ◯エコーにはお気をつけください。

アニバコンフルで見れません。

 

でもあれ最高ですね!!

大画面大音量で2画面!

ペンラ振り回し1人で振り付けをして大変楽しみながら

ここ!准健かわいいから!!!

ここの剛くんんんんん!!

と友達に必死に発狂ポイントを実況することも忘れず。

 

3時間に無理やり詰め込み一旦退出。

 

 

1時間後再び入って今度はJUMPの鑑賞会。

確か見せてもらったのは2014年のものでした。

「いちばんかわいいのを選んできた!」というように

 

とことんアイドルだった。

みんな自分のかわいさを前面に出してた。

 

 

女性ソロファンからするとV6も十分アイドルって感じで。

健くんの投げチューにきゃあああ!!!みたいな。

岡田くんが健くんの脇腹ちょこちょこにぎゃあああああ!!!みたいな。

 

まさかこれがジャニーズの標準(もしくはそれ以下)とは。

 

あ、健くんがアイドルらしくないなんて言ってないですよ。あの人は本当に悲しいほどアイドルです。

 

でもV6は猫耳つけたり犬になりきったりしません。真顔

 

ステージセットもすごくシンプル。

 

小道具などがない。

 

自分たち6人だけで魅せる。

 

 

そういうプロフェッショナルなアイドルV6がやっぱり好きだなあ。

 

JUMPにはJUMPの良さ。

V6にはV6の良さがありますね!!!

 

私にはおじさんたちの渋さがちょうどいいみたいです!!!

 

 

他Gのコンを見ることなんてなかったので

今回で初めてV6が「職人気質な人たちの集まり」って言われてるのがわかった気がします。

 

そういう意味でもV6沼に引きずり込むのは他Gファンのジャニオタより非ジャニオタのほうが簡単な気がしました。

そうです、ターゲットはジャニーズに興味ないよ〜って言ってる人たちです。

 

 

でもJUMP意外と知ってる曲多かったなー!

 

また鑑賞会開催予定なので

今度はセクバニコンかOMGコンを持っていこうと思います。

 

どっちにしようかな〜〜〜

Vクラになって知ったこと

 

Vクラになって

というかジャニオタに片足を突っ込んで知った世界について書いてみようかと。

長年ジャニオタをされてる方には当たり前のことかもしれませんが新規ジャニオタにはそれはもう新たな発見がたくさんありすぎましたので初心が残ってるうちに(?)記録的な意味も込めて記事にします。

 

 

①自担が映るタイミング把握問題

 

私がV6におちる数週間前。

2015年大晦日。

私は受験が終わりのんびりと毎年恒例の紅白からのCDTVという流れでテレビを見て過ごしてました。

 

この頃仲の良かった子が

嵐とJUMPの掛け持ちをしているというか大野担降りる寸前伊野尾担名乗る寸前的な子だったんです。

紅白で嵐がわりと尺な長めだった(この頃はジャニーズの尺の長さをよく思っていない)ので

おっ、これはシャッターチャンスいっぱいじゃない?

友達に撮って応援メッセージ画像でも作ってみようかな〜

って感じで嵐が歌ってる間撮影タイムを開催してみたのですが、驚愕。

 

 

5人がそれぞれいつ映るのかわからない。

 

 

今までソロアーティストを追っかけてた人です、私。

カメラは常にその人を追ってます。

見失うなんてことありえません。

 

結局私は大野くんの事故画ばかりカメラロールにおさめてしまい冬休み明け友達に報告。

「いや、あれ無理やで、、、大野くん映ったと思ったらもう次の人映るもん、、、」

 

ちなみに櫻井くんはなぜかうまく撮れる率高かった。

 

すると友達から衝撃の一言。

 

「あぁ、あれはファンは誰がいつわかるとか全部わかるようになるから(にっこり)」

 

えっ、、、?曲を楽しみながらそんな余裕があるの、、、?

ジャニオタすっげえ、、、

 

 

 

〜現在〜

 

 

「は!?今日の番組のカメラワーク何だ!?今のところは6人のフォーメーションを抜くところだろうがアァアアア」

 

ばっちりです。

 

誰がどのパートを歌うのかがわからないなんてありえない。

 

あっ、次岡田パートだ。(iPhone待機)

おっ、ここは6人のフォーメーションがいいんだよなぁ。そうそうカメラマンわかってるよ〜。

 

こんなことジャニオタにとっては

努力して身につけるものでも何でもない。自然と身につく当たり前のことだとわかりました。

\ジャニオタすごい/

 

 

 

②生写真の販売だけで店が成り立ってる問題

 

①で登場した子とは今でも仲良しです。

伊野尾担と岡田担。担当も仲良ければファンも仲良いです。

(そういえばJUMPファン身近に2人いるのですが2人とも伊野尾担な件。)

 

年末年始にあんなやり取りがあり冬休みが明けると彼女は完全に伊野尾担になっていました。

大野くんと波留のドラマを恐れてたあの頃はどこいったんや。

 

その子も無事受験が終わる頃には私も立派なVクラに。

そして春休みにあるお誘いを受けました。

 

「ジャニショ行きたいとか思いませんか!!!!」

 

 

????

多分「ジャニーズショップ」の略ですよね。

どういうところ??

なになに?生写真が大量に売っているだと!?!?しかも生写真だけ!?!?

 

写真販売だけで商売できちゃうんですね。

 

 

というわけで沼に落ちて2ヶ月というわりと早い段階でジャニショデビューしてきました。

 

とても混むよ〜と言う教えの元伊野尾担の友達と10時より前から待機。

 

偶然にもその日はジャニーズWESTのコンサートが近くであるようでキャリーバッグをコロコロしながら中学生くらいの女の子たちが大量発生してました。

中学生でも遠征するのですね、衝撃、、、。

 

そんな中学生に囲まれながら

おばさん2人で乗り込んできました!!!

 

友達はもちろん伊野尾くんお目当。

ジャス民に囲まれながらJUMPコーナーへと戦争に向かって行きました。

 

一方、いいことなのか悪いことなのか。

V6売り場1人で独占状態。

のんびりと写真を選ぶことができました。

なんとなく隣を見てみるとTOKIOの売り場にも同世代らしき方が1人。

仲間ですね(と心の中で親近感)。

 

あれ写真の番号を用紙に書いて会計に持っていくんですね。

 

おおおおおか、か、かわいい!!!

かっこいい!!!!

この健くん良い、、、!!!

 

気づいたら岡田くん以外もそこそこ買ってしまいそれなりのお値段に。←

 

まあ初めて来た記念だし、、、!そのために来たから!?!?

 

あれ、番号見て出してきて見せてくれるんですけど

合ってるかどうかこちらも自信がない件。

まあ枚数はあってました。うん、大丈夫。

 

 

これ以来ジャニショには行けてませんが

まあV6写真の入れ替わりあまりないので、そのうちまた暇があれば行ってみようかと思います。

 

 

 

 

③振り付け完璧問題

 

ライブDVDを見て思ったことなんですが

 

「ファンの皆様振り付け完璧すぎ」

 

それも振り付け講座のようなものもない。

ただテレビで踊る彼らを見て見よう見まねで習得する。

ハニビやバリバリやセクバニは私もすぐに習得しましたが(愛メロとoverのコツを教えてください)

アニバコン見てるとスカリミまでやってらっしゃるではないか!!!!!

グッデイ‼︎も地味に難しいしね!?

(私だけかもしれない)

 

BWも見ながらでなければ無理です。

 

私の好きな女性アーティストは

基本踊ったりしませんが

アルバムには毎回1曲はライブ用に簡単な振り付けがつくものがありますがFCサイトで振り付け講座の動画公開してくれます。

めちゃくちゃ簡単です。

 

ただでさえダンスが複雑で有名なV6の振り付けを自力で習得。さすがです。

 

 

 

④露出多すぎ問題

 

これはジャニーズ全般にいえることというかね。もうね。雑誌のチェックが追いつきません。

私の概念では

新曲リリース=宣伝のための露出 なんですけどね

毎週ラジオ聞けちゃうし

日記読めちゃうし

雑誌の連載あるし

音楽特番もジャニーズの力なのか(失礼)出てくれるし

井ノ原さんに関しては平日毎日見れるし

 

幸せです!!!!

 

 

⑤CDとDVD何形態あるねん問題

 

これは本当に驚きました。

通常盤と初回盤だけじゃないの?

通常盤にも独自の特典があるの?

初回の特典ボリュームありすぎない?

 

金をかければかけるほど見返りがあるということですねジャニーズ事務所様。エイベックス様。

 

まず収録曲に差があるということに衝撃。

アルバムはボーナストラックがあることが多いし

シングルは通常盤でないとカップリングまで全て聞けない。

DVDに関してはマルチアングルが収録されてる場合がほとんど。

 

初回さえ買えば全て事足りると思ってたけどダメじゃん。結局全部じゃん!!!

 

初回も2パターンあるのが当たり前。

ずるいことにおもしろそうなものを2つに分けてる場合ばかり。しかもそれぞれそこそこの収録時間。ありがたや。

 

結論

貢げ

 

ということですね了解しました。

 

むしろ今は逆に

女性アーティストのほうの新曲リリースが決まると収録曲の違いを見るようになってしまいました。いや、全部一緒やんってあとで気づく。

特典映像の短さに驚く。

メイキングが5分のみ。これが当たり前の世界でした。

 

 

 

 

 

 

後半になるにつれてかなり雑になりましたが(オイ)思ったのはこのへんですね。

今はV6と某女性アーティストの追っかけ方のギャップを楽しみながらオタクやってます。

 

長野博生誕祭

長野博

44歳の誕生日おめでとうございます!!!!


よくV6の中では「お母さん」と例えられる長野くん。

本当にその通りだと思います。


メンバーから

長野くん!長野くん!

と呼ばれる率の高さ。


アニバコンのビジュコメでもやたらよばれてましたね。

(もはや健くんからはファン目線で褒められてましたね。)


困った時の長野くん。

あれ?母じゃなくてアンパンマン?()


絶妙なフォローのうまさ、褒め上手

このあたりが仏の長野と言われる所以でしょうか。


セクバニコンの特典での打ち上げで

本番ボーイズたちにボンタン狩りを仕掛けられる長野くん。

料理の邪魔をしてくることは怒りつつも

「ベルトとれてる!すげー」

と最後は褒める。


2回目仕掛けられても

また褒める。


V6の母は褒めて伸ばすタイプのようです。



岡田くんも

長野くんはデビュー当時から優しかったとよく言ってますよね(剛健がキスマークをつけるために取り押さえたことは除く)。


デビュー前

長岡初対面時

岡田くんに「すね毛濃いっすね〜」

と言われても怒らない長野くん


どれだけ濃いのか気になります(そっちかい)


というか普通、(坂本くんにも言えることだけど)最年少は9歳下で、Jr.期間の短いエリート3人と組まされて妬みとか絶対生まれますって。でもそんな話全く聞かない。

ましてや事務所歴で言えばグループ最年長なのに

年齢最年長でリーダーとなった坂本くんの呼び方を、呼び捨てからくん付けに変えたりして。

どこからそんな優しさがでてくるの?


世界中の人が長野くん基準の優しさをもてば

世界平和一直線だと思います。





しかし、仏の長野と言われながらも


ブラック長野も存在するわけで。


坂本くんからの誕生日プレゼントのラッピングをビリビリに引き裂いたり


VS嵐で「今日(嵐が)初めて焦ってるところ見てちょー楽しい」とかニコニコしながら言っちゃったり


枚方のことを「廃れてた」の一言で一蹴したり(まあ否定はできなかった)。




そして忘れてはいけないのが

グルメ長野(勝手に命名)。


ファームだとか魔レスだとか

好きなことを仕事に繋げられてる長野くんを見てるとよかったねぇ、、、とこっちも嬉しくなります。


くるグルも本当に楽しそうで、、、、。

(顔文字の使い方がババア感すごいけど)


食べ歩きに関しては

食べ歩きすぎだし

数ある名店の店主ビビらせすぎだし

部位は聞いてないわっ!ってレベルの尋問状態のお店紹介だけど


とにかく体には気をつけてください(ガチ)。


食べながら腹筋したり、鍛えてるようなのであまり心配はしてませんが、念のため。





仏でブラックでグルメでティガで母でババアな長野くん。


あなたのそのロイヤルな笑顔と優しさに

V6のみんなも、私たちも救われてます。


これからもその素敵な笑顔で

5人を見守ってあげてください。


おめでとう!!!!!






P.S.ちなみにアニバコンのラスト「HELLO」終わりのみんなのハグシーンで、剛くんを抱きしめるときの長野くんの表情がお母さんすぎるのが私のドツボです。オバドラ最高。

魅力も必要だけどお金も必要なんです。

 

こんにちは。

 

前回の記事、だらだらと修正しながら書いていたら1日かかりました。

 

本当はPCで投稿したいのですが

立ち上げて開くのが面倒!!!

なのでスマホからです。

 

 

 

前回は自己紹介がてら(私のプロフィールはほぼ後悔していませんが)6人にハマった経緯を書きました。

 

 

今回は、どうしてV6に堕ちたのか?

 

6人それぞれの魅力は、語り始めると長くなるので後日少しずついきます。

というかそれを語りたくてブログ始めたので。真顔

 

今回は、夢のない現実的なお話から。

 

私がここまでどっぷりハマった原因は

ツイッターやブログなどのSNS。そして母もハマったということがかなり大きいと思われます。まじで。

 

 

まずは動画サイト。

 

これはすごく難しい問題だと思うんですけど、これで落ちる人は本当に多いと思います。

 

確かに過去のテレビ番組等も厳密に言えば

著作権違反ですよね。

 

現在販売されているDVDの中身なんてもってのほかですよね。

と言っても、私、恥ずかしながら、DVDだと知らずに見てしまったものもあるのですが。

 

でもね!テレビ番組はもう2度と見れないと言っても過言ではないものばかりですよ!

 

 

というかそもそも地方は番組やってないんじゃいっ!!!!!!

 

アメジパよりミッションV6復活望んでるとかいいながらアメジパ未放送地域ですどうも。

 

なんだか地方格差に話が逸れかけたので戻します。

 

 

正直なところミッションV6見てなかったら私はこんなにも沼にずぼずぼとはまることはなかったと思います。

 

なんなんですかあのゆるゆるな企画は。

低予算な感じが溢れるあのセットは。

それでも6人さえ集まれば珍プレー迷言連発。

むしろあの6人には道具やら豪華なセットを与えない方がいいかもしれない。

1台の車に詰め込んだり、1つの部屋に詰め込んだりするだけで十分素晴らしいV6劇場を繰り広げてくれる最高の集団ですからね!!!いいぞもっとやれ!!!!!

 

 

とにかくミッションV6様様でした。

消さずにスルーしてくれてるジャニーズ事務所様ありがとう。アーメン。

 

 

そして私、ひっそりとですが

V6専用アカウントをツイッターにて作成して、日々情報を追っかけております。

 

 

前記事でも言ったように

私、アーティストの追っかけもしてますので

ツイッターが何よりも情報が速いことはもちろん知っています。

数少ないV6の露出の情報を逃すものかァァ!!!と毎日ツイッターをチェックしてますが、私はみなさんの情報の管理能力にただただ驚きです。

 

情報をまとめて発信してくれるアカウントも1つではないし

毎日雑誌、テレビなどジャンルごとにツイートしてくださる方までいます。

 

非常に助かっています。ありがとうございます(スライディング土下座)

 

 

さらにツイッターのすばらしいところは

あらゆるファンの方から発信される

メンバーの過去の神エピソードや動画。

新規ファンにはありがたいもの以外の何物でもないです。

ひっそりといいねしてみたり、あまりにも興奮したエピはスクショしてみたし

動画を見れば「なんだこれェェェ!!」と検索をかけDVD即買いしたり、、、

 

みなさん布教上手すぎか。

 

 

ここまでSNSの素晴らしさ、動画サイトのありがたさを語りましたが1つ言っておきたいのは、動画について。

 

ラジオや番組をアップしてくださる方には本当に感謝してます。

(なんせ私、アメジパGR健ラヂネクジェネワンディッシュ難民です。ほんとにおわてる。)

これからもどうぞよろしくお願いします。お世話になります。

 

でもDVDの特典映像をあげるのは私は賛成はできません。うん。これはねー。良くないよね。

たしかに布教にはつながりますよね。

 

でもDVDの映像は買った人のためのものだと思ってるので。

 

そりゃ買うにはお金いりますよ!

特にジャニーズはなんてずるい売り方をするんだって感じですよ。初回2パターンとか聞いてねえよ。びっくりだよ。何枚買わせる気だよ。(もう慣れましたが)

 

でもね、だからこそオタクは働くんです。真顔

 

私も田舎のありえないほど低い最低賃金でちまちまと働き、節約し、V6のために使うお金を絞り出してます!!!

周りがブランドの服やらデパコスに手を出してる横でGUとプチプラコスメで生きてます!!!!

私だってシャネルのリップほしいわアァァアアァ!!!!

 

 

 

というわけで非常に夢のないお話。

 

「私の場合」オタクするにはお金がいるということ。 

(貢ぐ=ファンであるということではないということは一言添えておきます。応援の仕方は人それぞれです!!!)

 

特に私自身に関しては

貢げば貢ぐほどハマっていきます。

過去作品すべて集めたいとは思いませんが、かっこいいと噂のツアーDVD、面白いと噂の特典が収録されたCD・DVD、健ラヂでツボったカップリングが収録されたCD

こういうのは探すときはガチで探します。

 

この数ヶ月でV6にどれだけ貢いだか(遠い目)。

 

それに幸せを感じてるんだから本当にどうしようもないオタクだと思います。はい。

 

と、言いつつ私雑誌はあまり追いかけないタイプのオタクです。

 

気になったもの、把握したものについては立ち読みはしますけどなかなか買わないですね。

本当にキリがないので。

たまに6人が表紙で、誌面のインタビューがいい感じだったりしたときだけレジに持っていきます。

それぐらいにしておかないと追いつかないです。

ジャニーズの誌面露出の多さたるや恐ろしや、、、。

 

 

とにかく、子供の頃と違い自由に使えるお金が増えるほどオタク気質に磨きがかかってきてる気がします。

 

とはいえ所詮は学生。限界があります。

そんな私のバックについている最強の存在こそが

 

母です。どーん

 

FC?あぁ、母が入会してくれました。

CD?あぁ、親子で割り勘です。

 

最高です。

 

そして何より語り合える人が常にいることでどんどんV6への愛が深まります。

 

テレビも一緒に見れば

ラジオの感想を話し合い

お互いに情報収集してきて交換する。

コンサートの同伴に困ることもなし。

 

身近にオタク仲間がいることの素晴らしさを痛感してます。

 

 

 

なんだか私のオタク活動方法紹介コーナーみたいになっちゃいましたが

 

結論。

あなたたち6人のためなら私は働き、収入を得て、貢ぎますよということ。

あぁ、痛い。非常に痛いことになってる。

いつかこの熱は冷めるのでしょうか。

冷めるのは悲しいかな。少しは落ち着きたいけどな。

 

とにかく私はこれからもV6のATMとなるべく働き続けます。白目

 

はじめまして。と沼への道のり。

はじめまして。

 

 

ブログなんて何年ぶりだろうか、、、なんてレベルですがV6沼に落ちて半年。

自分の思いをぶちまけるために開設しました(所謂自己満)。

 

はじめに申し上げますと

私、元々ジャニーズにまったく興味がありません。

V6に落ちた今も他のグループへの興味は昔と変わりません。

鉄腕DASHおもしろいなー

しやがれ見ようかなー

 

こんなレベルです。

(もちろん6人が後輩や先輩と絡むのは大好きですが)

 

もはやジャニオタと呼べるものでもありません。

 

ただただ偶然沼に落ちたらそれがアイドルで。

 

それがジャニーズで。

 

それだけです。

 

なのでジャニオタの常識も何もわかりません(断言)

 

ただV6が好きなんです(語彙力)

 

そこはご理解ください。

(ご理解いただけなくても勝手に喋ります!!)

(まさしく自己満)

 

 

 

 

 

 

 

前置きが長くなりましたが、ここから私がV6という沼に落ちた経緯について一人で喋っていきたいと思います。

 

私がV6にハマったのは2016年の1月。本当のど新規です。

 

きっかけは、最近よくあるであろうパターンのあれです。

 

 

 

 

堂上教官です。(ほら、出た)

 

 

 

冬休み突入直前に運よく受験が終わった私は、冬休みの暇つぶしに何本か気になっていた映画のDVDをレンタルしてきました。

 

その中の1つが「図書館戦争」。

 

はい。これが沼への入り口です。

 

 

ずっと面白そうだとは思っていまして。

友達がその頃やたらハマっていて

ツイッターでずっと図書館戦争の話を繰り広げるんです。

 

元々SPの頃から岡田くんかっこいいなぁとは思っていたので映画の存在自体は知っていたのですが、友達があまりにも騒ぐもんだから

 

 

え!?なに!?そんなおもしろいの!?

そんなに!?!?図書館で戦争なのに!?!?まさか(笑)(笑)(笑)

 

 

 

 

 

 

 

レンタルしてきた(単純)

 

 

 

なにこれ!!SPみたいにめっちゃ動くじゃあああん!!!

おお!?なんだか胸キュンもあるぞ!?

おもしろい!!!いい映画だ!!!!

 

 

 

普通なら、いつもの私ならここで終わっていたんです。

 

 

DVDの終盤。母が帰宅。

 

「え、それ岡田くんの映画だよね?ママも見たかったからまだ返却しないで。あとで見る。」

 

母も岡田くん好きなんです。今となっては二人揃って岡田担となり騒いでますが、このころは母の方が岡田くんのこと好きだったと思います。それでも俳優としての、という意味でしたが。

 

そんな母が1度図書館戦争鑑賞した結果。

 

「なにこれめっちゃおもろいやんもう1回見よ(関西弁)」

 

 

 

 

あら。母が珍しく何かに夢中になってる。

珍しいこともあるもんだ!!!

確かに面白いよねうん。わたしも見よう。ついでに番宣とかメイキング見てみよう。

 

 

 

私、映画に少しハマるとyoutubeで番宣なんかを検索する癖がありまして。

 

 

ここで沼第一段階(何それ)に落ちます。

 

バラエティに出る岡田准一

 

え、この人こんなふざけたことするの?

え、関西弁しゃべるの?

え、こんな照れるの?

え、オカナナっていうのこの可愛い組み合わせ?

 

いわゆる図書クラスタになりかけるわけです。オカナナファンというやつですかね。

 

世間のイメージである「お堅い」というイメージが私の中でもあったんですが見事にそれを覆されました。

 

これには母も落ちたらしく

「いいね岡田准一。おもしろい!」

(後々考えると、番宣でてる岡田くんはなかなかの確率で滑っていることはここではスルーで)(小声)

 

ここからがyoutubeの怖いところですね。

番宣を幾つかみるともうおすすめ動画が岡田准一でいっぱい。次々に動画を再生。

ありがたいことにうちはWi-Fi完備なので速度制限などという恐ろしいものとは無縁!!(満面の笑み)

 

youtube動画を漁る日々を続け、私たち親子はある番組にたどり着きました。

 

(アメジパやめてこの番組復活させませんか)

と言いたくなる(ごめんなさい)

 

ミッションV6という番組に。(はい、ここ沼第二段階)

 

 

この番組の魅力はもうファンの方々の間では周知の事実だと思います。

 

え、、、岡田くんなんか番宣と違う、、、かわいい、、、ゆるい、、、

基本的に岡田くんにしか興味がない私。

 

しかし、じわじわと気づくおじさんたちのバラエティ力の高さ。トークセンス。6人の個性。

 

三宅くんって子アイドルすぎ、、、かわいい好きだ

森田くん独特すぎる、、、癖強い好きだ

イノッチってあさイチの人じゃん、、、なにこのふざけ虫好きだ

長野くん、、、お初にお目にかかります菩薩か、、、あ、ブラック好きだ

坂本くん、、、こちらもはじめましてなにいじられすぎ不憫キャラなの?好きだ

 

 

正直今までV6というグループの存在は知っていても、岡田准一、井ノ原快彦、ん、、、なんかワイルドな見た目の人とかわいい人いたかな、、、

というレベルであの剛健ですらうすら覚え。夫婦に関しては完全の無知。

今となってはあの頃の自分を殴りたいです。

こんな最高に尊い剛健と!!!ジャニーズ最古のシンメを知らんとは!!!なにを考えてるんだ!!!

 

というものの私、学校へ行こうギリギリ世代ですので(じわじわとバレる年齢)

小学生の頃名前は聞いたことあるのですが

なんせアニメ大好きっ子。

学校へ行こうが放送しているからと言ってわざわざチャンネルを回して見る、なんてことはありませんでした。

 

 

本当に、、、あの頃の自分は何をやっていたんだ、、、毎週6人を見れたあの11年間、、、呑気に子供してる場合じゃないよ、、、(語彙力)

 

思えばあの頃、一瞬ジャニオタへの道が開きかけたこともありました。

小学校の頃流行ったドラマといえば

野ブタ。をプロデュース

「ごくせん」

 

初めて買ってもらったCDは

青春アミーゴ

(ちなみに2枚目は「抱いてセニョリータ」)

 

ほんと一瞬でしたが、KAT-TUNの亀梨くん大好きだったんですよね。

と言っても所詮は小学生。

親がジャニオタなわけでもない。

「ちゃお」やら「りぼん」やらについてるジャニーズのグラビアページを切り抜きしたり

POTATOなどのドル誌を少ないお小遣いで頑張って買ってみたり。その程度で終わってしまいました。

今となっては、オタクをするには財力がいる。ということをしみじみ感じながらオタクやってます。

 

 

 

そしてさらに悔しいことに、沼にはまるまでに私は何度V6の存在をスルーしていたのかという。

学校へ行こうは然り

思い返せば伊藤家の食卓は必ず見ていたし(アニメっ子じゃないんかい)

犬夜叉は毎週見つつも今でも大好きで定期的にアニメを最初から見て途中で力つきる、、、というループを繰り返し。こうなると最初の方だけ何回も見てることになるんですよね。つまりCHANGE THE WORLDを何百回も聴いてるんです。あれ、おっかしいなー。この曲大好きだったのになんでハマらなかったかなー。

そしてSPに関しては家族総出でドラマをチェック、映画も野望篇・革命篇きっちりと見に行きました。

 

 

 

こんなにもV6に堕ちるチャンスはあったのになぜ今なのか。

それはSNSの力と財力であることは次の記事で触れたいと思います。

 

 

とにかくミッションV6によって第二の沼へと堕ちた私たち親子。

 

この時点での私たちは

「トークはおもしろい!でも歌って踊るアイドルには興味ないなぁ」

 

母は元々芸能人にそもそも興味がないし、まあ強いて言えばよくいる福山雅治が好きなアラフォー。(学生の頃は少年隊ファンだったそうですが)

 

私は、V6に堕ちる前から

とある女性ソロアーティストの追っかけをしていました(現在進行形でもあります)。

女性ソロなんてものを追っかけてると正直ジャニーズにいいイメージはありませんでした。

音楽番組では尺をとられ

なんで何曲も歌うの!?こちらにもう少し時間をくれ!!!

CDの売り方も

特典つけて売るって何!?音楽で勝負しなさいよ!!!

まぁ、だいたいこんな感じです。

 

 

こんなことを言っているタイミングで発売されたのが

V6 LIVE TOUR 2015

-SINCE 1995〜FOREVER-

所謂20周年の記念ライブ、アニバコンです。

 

何?本編ノーカット?

特典にはMC集がついている?

なんか可愛い予感のする企画もあるぞ?

(この時点で動画サイトでかなりいろいろみています)

コメンタリーもあるのか!

 

とりあえずB盤だけ購入。

はい、沼の最終段階です。

完全に堕ちました。

 

歌って踊るアイドルには興味がない。

V6は「愛なんだ」「WAになって踊ろう」この辺しか知らない。

そんなレベルでよくぞライブDVDなぞ買えたもんだ。

 

 

 

 

よくやった2月の自分!!!!

 

3時間超えの本編を見終わった後には完全に堕ちていました。

とにかく踊る踊る!

え、曲知らないけどやばくない?かっこよすぎじゃない?(willからのBreak the wallあたりです)

 

え、ジャニーズってスタンドにもトロッコあるの?

え、え、ええ、そんな至近距離通るんですか!?!?!?

(女性ソロだと花道すら珍しいものです)

 

え、アカペラでこんなクオリティ高いことできんの!?!?(君君ですね)

 

そして何よりも20周年の感動もまだ何も知らないど新規にもかかわらず涙腺が緩んだリボンシャワー。

本当に画面の向こうから、ファンの皆様やスタッフさんからV6に向けたおめでとうの気持ちが伝わってきました。

それに感極まってごまかすためリボンの上に寝転がっちゃう長野くん。最後にはみんなで足バタバタしながら寝転がっちゃうおじさんたちかわいすぎか。飼い主とじゃれてる犬か。

そして極め付けは健くんの「みんなで写真とろーよ」

リボンシャワーの一連は本当に映画のワンシーンかと思うくらい大好きです。

(のちにあの時流れていたのが「一生で最後の恋」「愛をこめて」という曲だと知りエンドレスリピート)

 

ちなみにB盤を買った1週間後にはA盤も購入していました。オタクって怖い。

 

 

 

こうして沼に落ちた親子の今の口癖は

 

「コンサート行きたい。」

 

今年はドリフェスしかありませんので。

来年は戸惑いの惑星なる素晴らしいものもありますがコンサートもあることを祈っております。

まずは「海賊とよばれた男」の舞台挨拶は可能性がわずかながら行けたらなと思っておまります。

戸惑いの惑星も応募済みです。

もちろんどちらも行きたいです。

毎日星に願う思いです。

 

けれど、もし落選なんていう悲しいことになってもそれはコンサートに運を残したというポジティブ思考に切り替えたいと思います(というか切り替えずにはいられない。落選もちろん泣きます落ち込みます)。

 

 

さあ!V6!

コンサートの発表待ってるよ!!!

みんな待ってるよー!!!!!